投資能力を磨く

投資と控除と武田薬品について

投資税額控除と言われているのは、民間の企業においての設備投資への意欲を、向上させるためにある税制措置です。新規投資額において、一定割合を税額控除にするものでもあります。国内においては1992年には、租税特別措置法でのエネルギー環境変化対応設備が認められています。ほかにも電子機器利用設備や、事業基盤強化設備取得でも、特別控除制度は認められています。ただ投資促進を狙うものとしては、一般的なものでは、まだありません。

タケダというのは株主をはじめ、ステークホルダーと一緒に発展して一企業であり、良い企業市民としても高い認知を得る会社であり、それは経営方針でもあります。経営理念には優れた医薬品の創出を通じ、人間の健康と、それを支える医療の未来に貢献すると負う目標を掲げていて、実際に実現を目指しています。そういった企業活動を、積極的にしている会社でもあります。

すでに230年以上の長い歴史を持つのが、国内でも天下の武田薬品工業株式会社です。一般市民にも身近な薬品を取り扱いしているので、誰でも知っているような大企業でもあります。医療用医薬品の分野においては、日本の中ではシェアはNo.1という数字をたたき出しています。創業は大正14年ですので、日本の老舗製薬企業になります。

タケダと言ったほうが、一般人には馴染みがある大企業です。1925年に武田長兵衛商店の創業からスタートしていて、昭和18年に入ってから今の社名に変更しています。本社は大阪市中央区に構えており、製薬業界においては国内シェアトップクラスです。その勢いは国内ではとどまることはなく、既にアジアや欧米などの広い世界への販売網を展開しています。国内でも知れ渡る企業ですが実は、海外での売上比率としても非常に高いという特徴を持ちます。